blog index

免疫療法で治す, 原発性肝臓ガン闘病記

こんなの先例がないですねと言われた肝臓ガンとの闘いの日記。できれば最低
でも10年、行けるなら20年は生きたいと思ってる51歳のおばちゃんの
免疫力アップ作戦はいかに・・・。2007.4月〜
☆ ☆ ☆ ☆ ☆

そして、2013年11月、PET検査の結果どこにもがんはありませんでした。

「免疫細胞療法で治った原発性肝臓がん」と、題を変更してもいいのかもしれません。
でも他にも色々と頑張ったお陰でしょうか。

なんて言ってたら、2014年9月にマーカー値があがりだし、
10月には腹腔内に再発が見つかる。ピンチです。
そして翌2015年1月に切除手術を受け、マーカー値も
下がりました。
また新たな日々の始まりです。
や・や・や・・・・・・

今年一回目の外来へ昨日行って来ました。

 

結果は私としてはあまりうれしくないなあというところ。

 

 

AFP   7.9

PIVKA2 20.0

白血球数 3570個 リンパ球 49.1%で1752個

 

アルブミン 4.4 (これはいつもよりタンパク質を余計に摂ってるからかな。)

肝臓の例の3個は 21、17,11と低い。

 

 

やはりPIVKA2が20というような数字になってくるのが不気味。

 

 

主治医には「CTなどの検査はしませんか? ふつう肝臓がんの方は3か月に1回

位はしてるんですけどね・・・。」と言われました。

 

 

私の肝臓がんは、PIVKA2がじわじわと上がっていき、基準値の40近くなったり

したら、すでにどこかで15〜20mmまで育っているようです。

 

 

「見つかるようながんは、19年も前に元が出来ている」と聞いたことがあるけど

再発がんは、10か月で2センチくらいになっていたから、初発と再発は違うのか

どうか、ここらへんが私にはよく分からない。

 

 

さて、次回は3月23日。

どちらへ値が動くか・・・。

 

 

このごろ「やさしくなでなで」を覚えたお兄ちゃんです。

弟くんも目でお兄ちゃんを追います。昨日で3か月と、2歳5か月の兄弟です。

 

 

 

| すずらん | 病院の外来へ | 21:55 | comments(0) | - |
ペットロス

 

にゃんこが突然いなくなってからもう半年以上。

娘がにゃんこの頭の骨が落ちていた・・・なんて言います。

 

いなくなっただけでは、死んでしまったという実感がないのですが、時折悲しい

気持ちになって涙ぐんでしまいます。

 

孫たちの傍らでいつも様子を見ていたにゃんこですから、本当に帰って来てほしい。

 

次にまたにゃんこを飼うとしてもあれだけのかわいいのに当たれるかどうか・・・。

 

 

しばらくは飼えないでしょうね。

 

 

 

 

| すずらん | 思うこと感じること | 15:03 | comments(0) | - |
初詣に

昨日は、実家の父母と孫を連れて、初詣に行って来ました。

 

父は数年前から車の運転はしてないし、母も父を連れての遠出は大変だろうと思い

誘いました。

 

私には孫付きだったので、父母にしてみれば、これは大変やろなあと思ったみたい

でした。

 

父は本当に歩くのが大変になっているなあと思いました(^_^;)

それでも何とか本殿まで歩いてお参り出来ました。

4日になると人も少ないとおもっていましたが、案外多かったので、人混みをさけ

たい人が案外いるもんだなあと。

 

 

お参りの後は、4人でレストランで食べて来ました。

年寄り二人は案外量が食べられらもんだなあと感心。孫はフライドポテトとアイス

で満足したみたい。

 

 

父母がいつでも一番私のことを心配してくれるので、娘の病気の時も私のガンのこ

とも、そしてこの孫のこともすごく気にかけていてくれます。

療育の帰りに時々実家へ寄るのですが、母は、会う度に変化があり、良い変化だと

言ってくれます。

 

家にばかりいては、無かった変化なのかどうか…。

やはり人との関わりの中での変化だと思うのですがね。

 

明日は新年最初の療育です。

何か変化はあるかな?!

 

 

 

 

 

 

| すずらん | 最近のこと | 23:16 | comments(0) | - |
明けましておめでとうございます。

2017年、平成29年。

これをしっかり覚えているのが、なかなか難しい。そういう年齢になりました。

 

昭和31年生まれの申年の人にとっては、今年は大きな転換の年だそうで、この

2〜3か月の間に人生の転機が訪れるとか・・・・・・・。

 

ってか、占いは当たるとも思ってないけど。

でもあるとすれば、また大喧嘩して、あれかなあ!?

今度こそ。

 

 

再発を重ねることになって、必要とあらば免疫療法を受けたいと考えているので、

そのために必要なものは持っていないといけない。けれど寿命を考えれば、それ

で伸ばしたところで、どうなのかなあ?!とも思うし、日々の忙しさにまぎれな

がらも、よ〜く考えておかなければならないですね。

 

さて、今年も私の実家では大勢集まれましたよ。

0歳から89歳まで、総勢26人。

 

 

私の父母にとっては、もう「来年の正月は・・・」という年齢にもなってきてい

るし、私たち兄妹もそれぞれ、ガンや心臓病をかかえているから、ほんとうに、

一年一年が「今年もそろえて良かったね」になっています。

 

写真では、この家の長女が写ってませんけど。

 

 

この0歳の笑顔のような一年にしたいものです。

 

 

| すずらん | - | 11:49 | comments(1) | - |
ガンから10年、そして

あと2時間余りで2016年もおわりですね。

 

がんから10年が過ぎて、おまけに8か月。

 

 

息子が結婚し孫が生まれ、娘も結婚して孫が生まれ・・・。

生きていてこそ!です、ほんとうに。

 

還暦になり振り返ると、なんとも苦難の道でした、と言えるのではないかと

我ながら思います。

 

それでも一つ一つ乗り越えてきたと思うのですが、今回の孫のことに関して

は、孫はやはり孫であって、自分の子どもではないので、がむしゃらに突き

進む訳にもいかず、なんだかなあ・・・・・という気持ちがあります。

 

私が引き取って、何とかしたいと思っても、もう年齢的に後がない気がしま

す。

また、やはりそれも子供が望むことではないでしょうし。

 

 

いま、精一杯祖母としての愛情を注ぐのが、私のできることだと思います。

 

娘がしっかりと考えてくれるといいのですが、何を考えているのやら。

よく分かりません。

今は下の赤ちゃんのことで一杯かなあ。

 

 

50歳からの10年と、今からの10年て、何だかかなり違う気がします。

落ちる体力、あやしくなる脳みそ!

 

今日だって、エビのてんぷらそばで年越しと思っていたのに、一生懸命エビ

の下ごしらえをして、いざ油で揚げようと思ったら、なんとエビフライにな

っているではありませんか!

 

泣けてきますよ・・・・(T_T)

ほんとにボケてくるのではないかしら、トホホ。

 

まあてんぷらでもフライでもおそばは美味しかったのですけどね。

 

 

この頃のは画像の加工も色々とできるのですね。私がしたのではないけれど。

 

 

それでは、来年も良い年になりますように!

 

 

 

 

 

 

 

| すずらん | - | 22:29 | comments(0) | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

bolg index このページの先頭へ